お役立ち☆千葉での家族葬

変化を遂げている千葉県の葬儀に関して

トップ > 千葉の家族葬情報 > 変化を遂げている千葉県の葬儀に関して

変化を遂げている千葉県の葬儀に関して

ここ数年、メディアを騒がせているのが終活という言葉です。
文字通り自らの最期に関して考えることですが、元気なうちに考えておくことで、家族や親類の負担は軽減されます。
背景にあるのが、高騰する葬儀・告別式の費用だと言われています。
ある調査機関が出している数字によると、平均は220万円になるそうです。
誰しもが簡単に出せる金額ではありませんし、僧侶への御布施やその後の法要を考えると、金額は更に膨らむと言われています。
葬儀・告別式の在り方自体をもう一度考える時期に来ていますし、だからこそ終活が注目を集めているのではないでしょうか。
そんな中、コンパクトな葬儀・告別式が人気を集めています。
家族葬や直葬にすることで、費用を半分以下に抑えることが出来ます。
当然、家族や親類の負担も軽減されます。


千葉県内にはたくさんの葬儀社がありますが、大部分の葬儀社で家族葬を執り行うことが出来ます。
祭壇や供花をコンパクトにすることで、トータルの金額を抑えることが出来ます。
ごく身近な人と最期の時間を過ごすことが出来るので、後悔のない葬儀・告別式になると言われています。
もちろん、スタッフがきめ細やかなサービスをしてくれます。
50万円以内で全てが納まるケースもありますし、従来の葬儀に比べると安心感があるのではないでしょうか。
親族の控え室や飲み物のサービスも充実していますし、遠方の親類に対しては宿泊室やシャワーも完備されています。
専任の葬祭ディレクターが常駐しているので、気になる点はいつでも尋ねることが出来ます。
斎場のバリアフリー化も進んでいるので、高齢者が疲れを感じることが少なくなります。


世間では謎の部分が多いのが葬儀・告別式ですが、最近は互助会システムを設けているところがあります。
毎月の掛け金を支払うことで、様々な特典を受けることが出来ます。
各種割引き制度が充実しているのは無論、見学会に参加出来るのもメリットだと言えます。
実際の葬儀・告別式で使用する斎場を見学することが出来ますし、棺桶や供花の種類も調べることが出来ます。
明るい雰囲気で見学することが出来ますし、気軽に参加をしてみてはどうでしょうか。
弁護士や税理士の相談ブースもありますし、エンディングノートの書き方に関してもレクチャーがあります。
万全の備えをしておくことで、生きる意欲も増すと言われています。
どんな最期であっても、後悔は少ないに越したことはありません。
苦難を乗り越えた先にこそ、理想の最期があるのではないでしょうか。

次の記事へ

カテゴリー