お役立ち☆千葉での家族葬

トップ > 千葉の家族葬情報 > 千葉市で家族葬を選ぶ際に知っておきたいこと

千葉市で家族葬を選ぶ際に知っておきたいこと

家族葬は、都市部で主流になっている比較的新しい葬儀スタイルであり、首都圏にある千葉市でもよく選ばれています。
ですので、千葉市でも多くの葬儀社が家族葬のサービスを提供しているため、複数の葬儀社から選ぶことが可能だと言えるでしょう。
しかし実際に家族葬を選ぶ際は、その特徴をよく知っておくことが大切です。
そもそも家族葬というのは、家族や親族などの身内や、ごく親しい友人や知人といった方達だけで葬儀を行うというスタイルであり、参列者が少人数になることが大きな特徴となっています。
実際の規模としては、数名から30名程度という場合が多いとされているため、50名を超えるような従来の葬儀と比べるとこぢんまりとした式になると言えるでしょう。
また、従来の葬儀との違いは、参列者の人数だけであり、基本的に葬儀の流れ自体は従来のものと変わりません。


千葉市で葬儀を検討している場合、家族葬が向いている方としては、まず「落ち着いた葬儀にしたい」という場合が挙げられます。
従来の大規模な葬儀では、多くの参列者を相手にしなければならないため、気が休まる暇がないという状況になることが多くあります。
しかし家族葬であれば、気心の知れた身内だけの葬儀になるため、そうした気疲れをすることなく落ち着いた雰囲気で葬儀を行うことが可能です。
次に挙げられるのは、「葬儀費用を節約したい」という場合です。
葬儀費用は高額になることが多いため、出来るだけ節約したいという方も少なくないでしょう。
その点、家族葬であれば、参列者の人数を少なくすることが出来るため、葬儀そのものにかかる費用や飲食接待費用を安く抑えることが可能です。
また、家族葬は身内だけの葬儀で、世間体などをあまり気にしなくてもいいため、「自由な内容の葬儀にしたい」という場合にも向いていると言えます。


千葉市で家族葬を選ぶ際に注意しておきたこととしては、まず「周囲の理解を得た上で行う必要がある」ということが挙げられます。
特に年配の方になると、家族葬のような新しい葬儀スタイルに抵抗を感じるという場合もあるため、あらかじめしっかりと説明して理解を得ておくことが重要でしょう。
次に挙げられる注意点は、「葬儀の後になって自宅へ弔問に訪れる方が出てくる場合がある」ということです。
家族葬というのは、参列者を身内だけに限定するため、参列したくても出来ないという方が出てくるケースがよくあります。
そしてその場合、後日、自宅へ弔問に訪れるという方も出てくるため、お迎えするために日時の調整などが必要になってくるでしょう。
また、後日の弔問を避けたい場合は、どうしても葬儀に参列したいという方に対しては、あらかじめ参列していただくという配慮の仕方もあると言えます。

次の記事へ

カテゴリー